1/43 ミニチャンプス ティレル P34 J.シェクター 1976 

友達に知らせる 友達に知らせる
お問合せ お問合せ
完売しました
誰もが印象的で知っているF1と言えば このティレルP34が必ず出てきます。発表当時の記者会見では笑いが出たほどの現実逃避マシンで 本当に実践投入できるのか?との声もありました。F1デザインでネックとなるはやはりフロントタイヤの 空力でデザイナーのD.ガードナーはフロントタイヤを小さくしてフロントノーズにタイヤを隠してしまい 空力的に有利にするところからの発想だそうです。しかし、 小さいタイヤ1つではグリップ不足、接地面積不足、シャーシーの支える力が不足している等で、フロント に小さいタイヤが二個になったそうです。1976年のリザルトから言うとコンストラクターズポイントで総合3位 ドライバーズポイントではJ.シェクター優勝1回【スウェーデンGP】ランキング3位、またP.ドゥパイエはランキング 4位になったので結果的にも成功でしょうね。しかし翌年進化した1977年のフルカウルバージョンはボディー重量、 フロントタイヤの開発遅れ等で不振に終わり、1978年からは四輪にまた、戻ります。6輪は他にもマーチ、ウィリアムズ 等がチャレンジするも実践投入にはなりませんでした、現在6輪車はレギュレーション違反で出場できません。 その後ティレルはメインスポンサーのelfが母国フランスチームのルノー、リジェ等をスポンサーに力を入れ始めティレルはメインスポンサー を失い、優勝戦線から外れ1980年代のターボ時代にはティレルのみがノンターボのフォードDFV装着と言うことになり、その時K.ティレル は、私はターボエンジンが嫌いだ!と言ったのは名言です。 ティレルを新人時代にドライブしスター選手になったドライバーも多く、J.シェクター、D.ピローニ、M.アルボレート、S.ヨハンソン、M.ブランドル、J.アレジ等、数多くのスター選手が出ました。 新人発掘の見る目もK.ティレル氏は流石です。 やはり197ワ年代に6輪にチャレンジ、ゴーサインを出し優勝までしたK.ティレル氏の手腕はすごいですね。

チームオーナー K.ティレル デザイナー   D.ガードナー ドライバー  J.シェクター3位、P.ドゥパイエ4位 コンストラクターズポイント総合3位 
その他も見る
GET FLASH PLAYER Flashプレーヤーが必要です。
インストールされていない方はこちらからダウンロードしてください。
presented by fotoVR3D
右回転 停止 左回転 リセット スロー ノーマル ハイ

カートの中身
カートは空です...
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
お知らせコーナー
ただいま、トミカリミテッドヴィンテージ高価買取り中です。お待ちしております。
ミニカーショップ・グローバルのおすすめ商品
おすすめ商品をもっと見る
ミニカーショップ・グローバルの商品の予約
予約受付コーナーはこちら
ミニカーショップ・グローバルからのメールマガジン
メルマガの購読・解除
ミニカーショップ・グローバルへの会員登録
会員登録/ログインはこちら


ミニカーショップ・グローバルへのご相談、お問合せはコチラから


携帯サイト

ミニカーショップグローバル モバイル店はこちらから

http://www.minicar-
global.com/mobile/

QRコード対応の携帯電話でバーコードリーダーを起動し、上のQRコードを読み込んで、モバイル店にアクセスしてください。
会員登録されている方は、ログイン時にメールアドレス・パスワードがそのままご利用可能です。